天然素材 海家

瀬戸内海鮮料理(フグとスッポンの店)|天然素材海家SEA YAH

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  海家のすっぽんについて

海家のすっぽんについて

地元広島県内から生きたまま仕入れた新鮮なすっぽん

すっぽんの画像

地元の業者さんから生きたままのすっぽんを直接仕入れています。
特定の業者に絞らず、当店のネットワークを駆使し、店主自ら直接養殖場へ出向き、サイズ・脂ののり、活きの良さなどを一匹一匹見極め、販売するにふさわしいものを厳選しています。
基本的には養殖されたすっぽんの販売を行っておりますが、天然ものが揃う場合には販売することもあります。

目利きによって厳選され、尚且つ新鮮なすっぽんの味わいは、他には無い本当のすっぽんの味を楽しんで頂けます。
すっぽん料理の代表として、当店でも販売しているすっぽん鍋のセットですが、やはりこの食べ方が一番美味しいのではないでしょうか。

野性味がありながら、コクとうまみが溢れる独特な味わいは、他には無い旨味で、やみつきになること間違いなしです!是非、ご家庭でもお楽しみください!

すっぽん料理をより美味しく召し上がっていただく為に。

すっぽん鍋の美味しさを左右するのはなんといっても「出汁」になります。
当店で販売しているすっぽん鍋セットの出汁は、すっぽんの味を引き立てるように材料を組み合わせて、自家製のオリジナル出汁を使用しています。
同封されている自家製調味料を鍋に加えることで、出汁とすっぽんの旨味をより引き立たせ、食べやすいようにしています。

ただ、すっぽんと言うと、臭みが気になるという方も少なくありません。
すっぽんの下処理の際には、臭みの原因となる薄皮を職人が隅々まで丁寧に除去しています。

すっぽんの臭みなどが気になるという方でも、食べていただける事を目指しておりますので、初めてすっぽん料理を食べられる方にもお勧めのセットとなっております。

 

すっぽん鍋のお召し上がり方

すっぽん鍋をご購入頂いた場合には、食べ方の説明書が同封しておりますので、そちらを見ながら調理して頂けます。
こちらは、説明書にもある内容になります。
  1. 鍋にすっぽん、添付の出し昆布、水1500cc、調味料①を全て入れ強火にかける。
    ※あれば生姜や白ネギの青い部分を入れると、臭みが取れてより一層美味しくお召し上がり頂けます。
  2. 沸騰したら中火にして、灰汁(アク)を丁寧に取っていく。
    ※すっぽん鍋の醍醐味はだしにあり!

    灰汁を丁寧に取ることで、旨みたっぷりの澄んだ美味しいスープが出来上がります。
    初めは黒~褐色のアクを取り除いていくと、
    クリーム色→白色に変わった後落ち着いてきます。
    黄色の油脂は旨味になりますので、取らずにそのままお召し上がり下さい。
  3. 灰汁が落ち着いてきたら、出し昆布を取り出し、弱火にして10分~20分煮込む。
    ※煮込めば煮込むほど量は減りますが、濃厚なスープに仕上がります。
  4. 生姜、白ネギを入れた場合はここで取り出し、調味料②を6割程加えて味を調える。
    ※調味料②はお好みに合わせて調整して頂くために多めにご用意しております。
    味付けの際は、ボトルをよく振って6割程度からお試し頂き、味見をしながら加えて下さい。
  5. お好みの野菜等を加え、火が通ったら完成です。